Linuxのhistoryを綺麗に削除する

Linux上で実行したコマンドは、メモリ上に保存され、ログアウト時にファイルに出力されます。
出力されたファイルは以下に保存されています。
$HOME/.bash_history

[root@local ~]# ls [root@local ~]# vi test [root@local ~]# cat [root@local ~]# history 1 ls 2 vi test 3 cat 4 history
このコマンド群消した場合、消すために実行したコマンドがメモリ上に保存され、ログアウト時に保存されてしまします。

[root@local ~]# rm .bash_history [root@local ~]# exit # 再度ログイン [root@local ~]# history 1 rm .bash_history 2 exit 3 hisotry
historyを綺麗に消すためには、HISTSIZE環境変数を設定します。
※HISTSIZEは保存する実行コマンドの最大数を指定する環境変数です。

# コマンド保存最大数を0に設定 [root@local ~]# export HISTSIZE=0 [root@local ~]# rm .bash_history [root@local ~]# exit  # 再度ログイン # 履歴がすべてなくなっている [root@local ~]# history  1 history

0 件のコメント :